内部被ばく対策

内部被ばく対策サイトでは、徹底的な対策法をお伝えしています。

内部被ばく対策サイトでは、徹底的な対策法をお伝えしています。

 

福島原発の事故があり、放射能や内部被曝について意識をする人も増えています。放射能の影響は遅れて出てくるために、健康被害が出始めてからでは手遅れになります。ですので日ごろから徹底的な対策が必要になります。

 

内部被曝対策ですべきこと

内部被曝対策としてすべきことは大きく分けると2つです。

 

@放射性物質や汚染された食品を食べない
A放射性物質を排出する(デトックス)

 

大きく分けるとこの2つですが、それぞれ様々な手法がありますので、取り入れられるものを全部取り入れていきましょう。

 

@放射性物質や汚染された食品を食べない
とにかく放射性物質を取り込まないということですが、日常のあらゆるところに内部被曝の危険があります。

 

空気、水、食品などですが、空気で言えば住んでいるところでも違いがありますが、東北地方はもちろん関東地方でも注意が必要です。外出先ではマスクをすることはもちろん、ほこりがたまるような場所は危険です。そういったところには、放射性物質が蓄積していますので近づかない、呼吸をしない、自宅であればそういったところはこまめに掃除(もちろんN95マスク着用、手袋着用の上で)ということが必要です。

 

東北や関東では水道水はダメです。放射性物質除去効果のある浄水器を買いましょう。お風呂なども結局は放射性物質を含んだ水になるので良くありません。

 

食品ももちろん放射能汚染されていないものに限ります。産地に注意しましょう。

 

 

A放射性物質を排出する(デトックス)
どんなに気を付けていても、放射性物質を取り込まないことは日本では不可能です。ですので排出を促進していきましょう。その方法は

 

・デトックス効果のある食品を食べる
・サウナ等

 

です。デトックス効果のある食品としては、玄米や梅干し、リンゴなどです。これももちろん放射能汚染されていないものを選びましょう。

 

サウナなども毒素を排出します。放射能に効果の高いものは、岩盤浴などじっくりと汗をかくタイプのものです。それらを定期的に行いましょう。

 

下記のサイトが詳しいです。

 

放射能デトックスの方法

 

チェルノブイリ原発事故について

 

1986年4月26日に旧ソビエト連邦(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所にて発生した原子力事故は、原子炉がメルトダウンを起こしたのちに爆発するという世界最大の原子力事故として知られています。

 

その爆発で放射性降下物がウクライナや隣国のベラルーシやロシアを中心にして世界中に汚染し、事故から30年が経過しようとしている今でもチェルノブイリを中心とした周辺の住民は放射性セシウムによる内部被ばくに苦しめられています。何故なら爆発後に国土の大部分に降り注いだセシウムが食品の原材料となる農産物や家畜等や土壌を汚染し、セシウムを含む食材や空気中の塵を口にした人間は体の内部から内部被ばくを受けることとなったからです。

 

その影響は2003年にベラルーシで亡くなった成人と子供とを比較した分析では、調べられた全ての臓器からセシウムが検出され、なおかつ大人よりも子供の方が数値の値が高いという結果でした。これは大人よりも子供の方が身体や器官のサイズが小さいため、大人よりも累積するセシウムの量が増えることが理由とされています。
この事実は事故直後に直接の被害を受けた人は当然ですが、事故の発生後に産まれた子供達も食物や空気を通して放射性物質の汚染被害を受けていることを意味しています。

 

セシウムによって体内で内部被ばくしても直ぐに身体へと影響が発生するのではなく、何年もの時間が経過した後に白血病や小児甲状腺癌といった深刻な症状で現れてきます。

 

その為、被害を避ける方法としては実際に大きな被害が発生する前に放射性物質に汚染されていない地域へと疎開を行い、その場所で汚染されていない食品を食べさせることが体内のセシウム量を減少させる有効な手段だと考えられています。