放射能 子ども 影響

放射能が子どもに与える影響

放射能が多くの問題を引き起こすことは、さまざまな情報から理解ができているでしょう。

 

しかし、具体的にどのような問題が起こるのかは問われた場合、しっかりと説明ができる人は少ないのではないでしょうか。とくに、放射能が子供に与える影響については、親としてはその影響をしっかり理解をしておくべきでしょう。

 

子供はまだ理解ができていないため、放射能と聞いても怖というイメージすら浮かばないかもしれません。子供を守ってあげることができるのは、親しかいないのです。まず、放射能は普段の生活の中でも浴び続けています。つまり、自然界にもこの放射能は多く存在しており、紫外線を浴びるように放射能も浴び続けているのです。

 

しかし、この自然界に存在している放射能レベルはほとんど人体には影響がなく、これは小さな子供であっても同じことが言えるでしょう。しかし、もし多くの放射能を短期間で浴びてしまった場合には、さまざまな問題が発生してしまいます。

 

子供の場おいても、大人と同様にがんの発症リスクが極端に高くなってしまいます。とくに疑われるがんとしては、甲状腺がんです。これは、大人の場合も同様ですが、甲状腺がんのリスクは非常に高くなってしまいます。

 

そして、このがんの発症は子供の方が早く発症してしまうという危険があります。
子供の場合は、がん細胞の成長がとても早く、大人よりも早い段階で放射能によって起こるがんの発症が早く現れます。また、進行が早いこともあり、がんを治療することも子供の方が難しいと言えるでしょう。

 

また、放射能を浴びる危険性についても子供の方が大きいのです。

 

子供の場合は、放射能を浴びてしまい、そのリスクの危険性が高まる数値は大人の100倍以上と言われています。つまり、大人と同じ量の放射能を浴びてしまったとしても、その放射能から起こるさまざまなリスクは子供の方がはるかに高いと言うことです。

 

子供のこうした危険から守ってあげることができるのは大人だけです。しっかり子供を守る対策を考えてあげましょう。