放射能の人体への影響

放射能の人体への影響

放射線を受けた時の人体への深刻な影響

 

もし大量の放射線を浴びた場合、どのような影響が人体にはあるのでしょうか。

 

まず放射能には、強いエネルギーにより細胞内のDNAを破壊してしまう作用があります。もちろんDNA自体も自己修復能力がありますので、被曝線量が比較的低い場合は破壊された部分を再生しようとします。

 

ただし、ここで修復に失敗すると、間違った遺伝情報をもとに細胞分裂を繰り返してしまいます。つまりは、細胞の癌化に繋がります。この異常が明確に増える基準が100ミリシーベルト以上と言われ、ここから被曝線量が増えるに従って癌発生率が上昇します。また、短時間に極端に多くの放射線を浴びてしまうと、DNAの再生能力自体が無くなり、新しい細胞が作られなくなります。古い皮膚が全て剥がれ落ちると、筋肉組織の露出が顕著になります。加えて各臓器の機能も低下するので、最悪多臓器不全にも陥ります。

 

妊娠中の胎児への場合は、臓器を形成する細胞分裂に大きな影響を与えるため、何らかの障害が発生する可能性を含みます。特に妊娠初期にその影響強く出る傾向があります。

 

一般的に言われている被曝基準ですが、短時間に100ミリシーベルト以上の放射線を浴びると、明確に体が影響を受けると言われています。短時間で被曝した場合、250ミリシーベルトで白血球の減少、500ミリシーベルトでリンパ球減少が報告されて、感染症に対する危険性が増すことになります。

 

1,000ミリシーベルトからは自覚症状が見受けられ、嘔吐や脱力感、3,000ミリシーベルト以上の局部被曝では永久不妊・脱毛・白内障、全身被曝では50%の人が致死、7,000ミリシーベルトの局部被曝では皮膚の潰瘍等、全身被曝では100%の致死量となります。

 

人体の設計図であるDNAを破壊され、失なわれた細胞の再生能力は現代医学でも復元することができないため、大量被曝者に対しては、僅かな延命処置しかできないのが現状となっています。