放射能は不安

放射能は不安

現状の放射能に対する認識として放射能は不安という声を集めました。

 

福島の原発事故で大きな被害がででいます。原発が爆発し放射能が漏れ人が住めない状況になっています。福島以外にも全国に原発がある訳でどこで同じことが起きても不思議ではありません。原発の下に活断層がないから安全です。本当にそうなのでしょうか。福島はこれから先何十年も原発事故の被害を受けます。一生住めない土地も出てくるかもしれません。このまま原発に頼っていくのはどうなのか考えさせられます。だいたいにして本当のことがわかりません。放射能は他県にまで広がっている可能性もあるので心配です。

 

原発は必要な物なのかも知れませんが、事故があった時のリスクがあまりにも大きすぎると考えます。
人体への影響、居住地の変更、食への不安など想定以上の出来事に日本人は実際直面していると思います。
便利だからと使うだけ使って、万が一の対応が出来ないのであれば使うべきではなく、多少の我慢を伴ってでも代替エネルギーの利用にシフトし
原発の稼動は抑えていく方が良いのではないかと思います。なぜ稼動しようとするのか現在の政府にも不信感があります。

 

地震による原発の事故や放射能漏れというニュースを頻繁に見る事が多かったので、地元の原発も家から近いので不安だなと思うのが正直あります。私達が住んでいる地元も地震が起きて原発に何か問題があったとしたら自宅はもう住めないなと思いました。そこに住めなくなるというのは想像もしたくない事ですが地震が起きやすい日本だと昔から言われているのもありますし、原発以外でのエネルギー供給が発展していったらいいのになと思いました。

 

原発事故が起こるまでは、放射能の存在を強く感じる事はありませんでした。
ですが事故が発生してからは、放射能に対して強い不安を持つようになりました。
放射能は長きに渡って存在し続けるので、じわじわと体を蝕まれ、知らない内に重大な病気になって行きそうで怖いです。
ですから放射能汚染が懸念される原子力発電所は二度と稼働させる事なく、廃炉へと追い込んでほしいと思います。
自分だけでなく、後世の為にそれが一番良いと思っています。