放射能に不安はない

放射能に不安はない

現状の放射能に対する認識として放射能は不安はないという声を集めました。

 

放射能問題、とても気にしていましたが、問題ないと思います。なぜなら、空間の放射能濃度をチェックしていますが、事故の前と変わらないようです。かえって、、関西のほうが高いようなくらいに感じます。
東京が一極集中で、あれほどまでに人気が高いのも安全でなければ、そこまでにはならないと思っています。心配でしたが、よかったです。
わたしも東京の戻りたいと思っています。やはり、ひとがらでしょうか。東京は優しい街です。

 

震災直後にはマスコミやネットで「福島にはもう住めない」「大半の住民が数年以内に死亡する」「福島の子供は全員ガンになる」と言われていながら、実際にはそのようなことは全く起こりませんでした。もちろん、原発事故が収束したとは思えませんが、少なくとも震災直後に言われた放射能問題は全てデマだったことは明らかです。今でも放射能問題を取り上げる人がいますが、怪しげなブロガー・プロ市民など、一般人とは毛色の違った人達ばかりです。原発事故はともかく、放射能問題に関しては日常生活が送れるレベルには安全だと思います。

 

放射能に対して私自身は特に不安には感じておりません。しかし、近年のニュースで、東日本大震災で被災されました福島の原発事故により、転居を余儀なくされた方々の生活に対しましては不安を感じます。突然の自然災害により、大震災が起きまして、原発事故が起き、地元に住めなくなられた方、罪もないのに、転居先の学校で、バイ菌扱いをされまして、いじめを受けてしまっている子供達、そのような現実問題には不安と怒りを感じています。